それぞれの病気の可能性

脳の異常と年齢

カウンセリング

めまいは回転性のものと、ふわふわ浮いた感じのする浮動性のものがあります。回転性は目の前が回っているような、激しい症状が特徴です。これらのめまいは、放っておくと病気の進行が考えられるため、頻繁に起こる際には注意が必要です。主に、めまいが原因で起こる病気は、耳と脳の病気が考えられます。脳の病気には『脳卒中』や『てんかん』などがあります。また、年齢を重ねた方に多く見られる症状でもあります。この場合の原因は、高血圧、糖尿病などの病気が考えられます。水分を十分に取っていない、『脱水症状』でもめまいは起こる事があるため注意が必要です。これらの症状は放置して進行すると、治療が難しくなります。早い段階で検査をして適切な対処を心がけてください。

耳への影響

めまいを引き起こす病気として、耳の病気も考えられます。メニエール病や中耳炎によるものが多いのが特徴です。メニエール病の特徴として、回転性で激しいめまいに加え、吐き気を伴う症状です。耳が聞こえにくかったり耳鳴りなどの症状も起こるため、耳鼻科での検査が必要です。進行すると難聴が酷くなる事が考えられます。中耳炎による症状は、浮動性でふわふわしたものが多いです。回転性のような激しい症状はなく、平衡感覚の異常が特徴です。中耳炎が酷くなり、内耳へ影響を及ぼすために現れる症状になります。中耳炎は比較的ゆっくりと進行するため、激しいめまいが起こりにくいのが特徴です。めまいを放っておくと、様々な病気が進行する可能性があります。症状が軽い内に、きちんと専門医で検査してもらう事が大切です。